日本ハビタット協会は国連ハビタットと共に
世界中の人々が安心して暮らせるまちづくりを支援しています

「日本ハビタット協会」サーバーは米国サイバートラスト社によりSSL認証されています。

   お知らせ

外貨コイン仕分けワークショップ開催


KIMG1137.JPG

DSC_0072.JPG

開催日:2016年6月10日
場所:Short Trip

外貨コイン仕分けワークショップ参加者募集

国内の国際空港に設置している募金箱には、さまざまな国のコインが寄せられますが、それらのコインを支援活動に役立てるためには、国ごとに仕分けしなければなりません。
コインにはその国の文化などの特徴が表れていて、ちょっとした旅行気分を味わえます。
誰でも気軽にできる国際協力に参加してみませんか♪

【開催日時】 6月10日(土) 15:00 ~ 17:00
【開催場所】 Short Trip 
       神奈川県横浜市山下町214 RIビル2F (Tel:045-641-6950)
       http://shorttrip.info/access.html
【参加費】 Short Tripのメニューの中から1つオーダーしてください。
【持ち物】 なし
【お申込み】 認定NPO法人日本ハビタット協会
       HP:http://www.habitat.or.jp/index.html
       公式Facebook:https://www.facebook.com/japanhabitat
       担当者/太田 shoka.ohta@habitat.or.jp
       *メールにてお名前、参加人数、連絡先(電話もしくはメール)をお知らせください。
詳しくはこちら(PDF)

 ラオスの子どもたちに1人1冊ラオス語の教科書を届けたい!

教科書プロジェクトinラオス

ラオスの教育事情はまだまだ困難な状況にあります。
学校へ十分な支援が行き届かず、子どもの数に対し必要な教科書が足りていないため、時には1冊の教科書を3~4人で共有して勉強しているという状況です。

IMG_0303.JPGIMG_0308.JPGIMG_0300.JPG

4月24日~6月9日まで
 クラウドファンディングに挑戦します

今年度、日本ハビタット協会はラオスのルアンパバン県の小学校12校に1,000冊のラオス語の教科書を送ります。そのためのプロジェクト資金50万円をインターネットで募ります。All or Nothingのため期限までに目標金額に達成しないと資金を得ることができません。皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

ご支援方法

① Readyforのページにログインしお好きな額を寄付
Readyforのサイトはこちらから
※支援額に応じてお礼の品をお届けします
② FacebookやtwitterなどのSNSでシェア、口コミで拡散
※多くの方に知っていただくことが成功へとつながります

スマイルトイレプロジェクト事業報告会

IMG_1371.JPG

IMG_1378.JPG

開催日:2017年5月12日
場所:千代田ボランティアセンター内会議室

Javan Okello氏による活動報告

千代田区のかがやきプラザにおいて、ケニア西部ホーマベイ県で実施しているスマイルトイレプロジェクトの活動報告会を行いました。
現地協力団体であるSAWA YUME KENYAの代表であるJavan Okello氏が来日し、日本人にはあまり知られていないケニアについて紹介しながら、プロジェクトの進捗状況を報告してくれました。団体名のSAWAはスワヒリ語で「OK」や「いいね」といった意味があるそうです。

当日は、実際に現地で配っているプロジェクトのポロシャツも見せて、様子を説明してくれました。
写真のポロシャツは、このプロジェクトに参加し、トイレの建設が完了した家庭に配布しています。ケニアでは、こうしたポロシャツが人気があり、日常的に着るため、それを見た他の村人がさらにこのプロジェクトに参加する効果があるそうです。

今回、Javan氏を招き報告会を行ったことによって、私たちが普段なかなか伝えきることのできない現地の様子を、より詳しくお伝えできたことにとても効果を感じました。今後は、さらにこうした現地の声をお届けできる機会を考えていきたいと思います。

  宮城県のこども達が自分の思い描く
           未来へ歩んでいけるように

ご寄付をいただきありがとうございました

クラウドファンディング「JAPAN GIVING」を通して、多くの方からご寄付頂きました。

3月に高校卒業等で施設を退所し社会に出る2名に対して、4月より住まいの提供を新たに開始し、自立に向けた支援を続けていきます。
子ども達が気軽に立ち寄れるコミュニティスペース兼相談所「夢歩」においては、障害を抱えた子どもを含めた職業訓練だけでなく、料理教室とさまざまな活動を行い、子どもの自立心と力を養っていきたいと思います。

クラウドファンディングによる子どもの自立支援

宮城県の子ども達が自分の思い描く未来へ向けて歩んでいけるように、クラウドファンディングを通して、みなさまからのご寄附を受け付けております。
http://japangiving.jp/p/5437(JAPANGIVINGサイトへ)
みなさまのあたたかいご支援ご協力をお願いいたします。

クラウドファンディングによるご寄付は終了いたしました

a03.jpga00.JPG

日本ハビタット協会の活動

botan1.png

寄付が所得税控除に
日本ハビタット協会は認定NPO法人のため、本ハビタット協会への寄付は所得税から控除になります。
寄付は次のように所得税から控除になります
たとえば、1万2000円のご寄付される場合、4000円が所得税から控除され、そして、東京都にお住まいの方は、さらに住民税から控除されます。所得税控除額の計算:(寄付額12,000円-2000円)の40%控除は、確定申告の手続きを通じて行われます
詳細は税務署におたずねください。
寄付の方法その①
クレジットカードで寄付
プロジェクトの内容別にご寄付がクレジットカードでできるようになりました。
寄付の方法その②
外貨コイン、書き損じはがき、未使用切手、未使用テレフォンカード・QUOカード等で寄付
日本ハビタット協会が実施するまちづくり支援事業に活用させて頂きます。
寄付の方法その③
携帯からも寄付ができます
SoftBankかざして募金
SoftBankが提供する携帯電話の利用料金の支払と一緒に寄付ができる「かざして募金」がスタートしました。
「かざして募金」は無料のアプリケーションをインストールしたSoftBankのスマートフォンを対象となるポスターやチラシなどにかざすだけで簡単に寄付ができるサービスです。